静岡県におけるカシノナガキクイムシの分布拡大

静岡県におけるカシノナガキクイムシの分布拡大

レコードナンバー872045論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034662NACSIS書誌IDAA12330347
著者名加藤 徹
書誌名静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry
発行元静岡県農林技術研究所
巻号,ページ7号, p.63-70(2014-03)ISSN18828264
全文表示PDFファイル (1625KB) 
抄録2008年から2012年にかけて静岡県の水窪,三ヶ日,富士,伊豆,三方原周辺地域でカシナガの誘引トラップによる捕獲と穿入木のモニタリングを行った。また,それらの地域以外でもカシナガ穿孔木等の探索を行った。その結果,浜松市と湖西市,島田市,伊豆地域南部で多数のカシナガの生息が確認されたが,伊豆地域南部では穿入木は確認できなかった。また,三方原周辺地域では太平洋型が,それ以外の地域では日本海型のカシナガが生息していた。水窪地域の個体群は2km/年程度の速度でパッチ状に拡がり,三方原周辺地域の個体群は0.7~1.5km/年の速度で比較的連続した拡がり方を示した。また,ほとんどの地域でカシナガはコナラ林に生息していたが,伊豆地域ではスダジイ-ウラジロガシ林やマテバシイ林に多くが生息していた。
索引語カシナガ;生息;穿入木;伊豆地域南部;三方原周辺地域;地域;静岡県;カシノナガキクイムシ;確認;個体群
引用文献数18
登録日2014年08月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat