エネルギー分析における変動因子係数を用いたインベントリ分析の提案および検証

エネルギー分析における変動因子係数を用いたインベントリ分析の提案および検証

レコードナンバー872100論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名小田 秀充
岡島 敬一
内山 洋司
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ27巻・ 2号, p.93-106(2014-03)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (2377KB) 
抄録この研究の目的は,産業連関表の基本表および延長表,簡易表が未発行の年における,産業構造の突発的変化が発生した場合,その影響を迅速に反映し,簡易に推計できるインベントリ分析法構築の第一歩を,その検証を通して提案することである。2005年産業連関表の基本表・同年度のエネルギーバランス表を通して得られた産業連関分析法による直接・間接のエネルギー消費原単位を確定値とし,提案法である変動因子係数法および延長表,簡易表によって算出した2005年推計値とを比較検証した。その結果,確定値との相対誤差率は昇順に延長表,変動因子係数法,簡易表となった。また,推計年のエネルギーバランス表が存在しない場合を想定し,1年間および2年間の線型予測値を用いて算出した直接・間接のエネルギー消費原単位を3方法毎に確定値と比較した。その結果,変動因子係数法の精度は延長表未満,簡易表以上であった。直接・間接のエネルギー消費原単位の相対誤差率が30%未満に収まる部門数の割合でも延長表,変動因子係数法,簡易表の順であった。以上から,本研究の範囲では変動因子係数を用いた直接・間接のエネルギー消費量の推計は一定の誤差を内包しつつも,迅速簡易に変化を反映するインベントリ分析の1手法となり得る可能性が示唆された。
索引語延長表;簡易表;変動因子係数法;変動因子係数;エネルギー消費原単位;確定値;インベントリ分析;提案;検証;推計
引用文献数25
登録日2014年08月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat