こんにゃくいも中のシュウ酸カルシウム結晶の分布とその利用

こんにゃくいも中のシュウ酸カルシウム結晶の分布とその利用

レコードナンバー872106論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014518NACSIS書誌IDAA11944740
著者名高畑 浩之
書誌名群馬県農業技術センター研究報告
発行元群馬県農業技術センター
巻号,ページ11号, p.1-8(2014-03)ISSN13489054
全文表示PDFファイル (2394KB) 
抄録こんにゃくいも中の不快味成分のひとつとして、シュウ酸カルシウム結晶が知られている、こんにゃくいも中の量や分布については、ほとんど検討されていない。そこで、こんにゃくいも中のシュウ酸カルシウム結晶について、こんにゃくいもの垂直断面の9カ所について顕微鏡で調査したところ、束晶と集晶が観察され、結晶の分布は、いもの上部で多いことが明らかになった。この知見をもとに、いもを上部と下部に分けて、上部のみシュウ酸カルシウム結晶を除去処理する部位別処理によるこんにゃく製造方法を提案した。部位別処理によるこんにゃくは、生いもらしい風味や食感があり、かつ、不快味成分が低減されたバランスの取れた生いもこんにゃくであった。
索引語シュウ酸カルシウム結晶;分布;いも;上部;不快味成分;部位別処理;結晶;利用;こんにゃく;こんにゃくいも
引用文献数9
登録日2014年08月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat