三倍体ニホンスモモ‘貴陽’における胚珠発育の組織学的研究

三倍体ニホンスモモ‘貴陽’における胚珠発育の組織学的研究

レコードナンバー872181論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名中條 誉志幸
大林 沙泳子
八幡 昌紀
永嶋 友香
成瀬 博規
増田 幸直
向井 啓雄
原田 久
高木 敏彦
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ13巻・ 2号, p.107-111(2014-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2972KB) 
抄録三倍体ニホンスモモ‘貴陽’の結実不良を解明するために,落果調査と胚珠の内部形態観察を行った。‘貴陽’は‘太陽’より早期落果が激しく,受粉42日後の落果率は‘太陽’が77.8%であるのに対し,‘貴陽’では88.0%であった。開花期における‘貴陽’の胚のうの60%以上が未分化であった。未分化以外の胚のうでは,‘貴陽’は‘太陽’と同様の発達過程を経たものの,発達遅延や退化したものが‘太陽’より多く観察された。受粉14日後以降では,‘貴陽’の胚と胚乳発育は,‘太陽’と比べ,発達遅延が認められ,それ以外にも接合子や胚乳核がない異常なものも観察された。受粉35日後の前胚と胚乳核の観察された胚珠は‘太陽’が91.7%であるのに対し,‘貴陽’は75.0%であった。また,落下果実の胚珠は,‘太陽’では胚のうの未分化によるものがほとんどであったのに対し,‘貴陽’ではそれに加えて胚のうの発達遅延や退化,接合子や胚乳核の未分裂が認められた。
索引語貴陽;太陽;観察;三倍体ニホンスモモ;胚のう;胚珠;発達遅延;胚乳核;胚;退化
引用文献数16
登録日2014年08月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat