栽植密度の違いが高温登熟に遭遇したイネの玄米外観品質に与える影響

栽植密度の違いが高温登熟に遭遇したイネの玄米外観品質に与える影響

レコードナンバー872273論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036621NACSIS書誌IDAA12403495
著者名柴田 康志
早坂 剛
書誌名山形県農業研究報告 = Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture
別誌名山形農業研報
Bull. Agri. Res. Yamagata
Yamagata Ken Nogyo Kenkyu Hokoku
発行元山形県農業総合研究センター
巻号,ページ6号, p.23-34(2014-03)ISSN18834655
全文表示PDFファイル (4750KB) 
抄録夏の高温による登熟障害への技術対策が求められる中,登熟期の高温に強いイネの条件を明らかにするため,栽植密度を異にする条件で穂数,1穂籾数などの収量構成要素や穂揃期の栄養条件が異なるイネを作出し,収量や品質との関係を解析した。昼夜ビニル被覆した高温下の玄米品質は,収量構成要素では1穂籾数が少ない場合,穂揃期の栄養状態ではm2当たり乾物重や非構造性炭水化物(NSC)含有量が多く,稲体窒素含有率が低い場合に白未熟粒の発生が少なく良好となった。また,穂揃期の1籾当たりの乾物重やNSC含有量,窒素含有量が多くなると白未熟粒の発生は少なくなった。こうした条件は,栽植密度が高い場合に得られ易く,極端な疎植栽培の場合は,高温登熟時に白未熟粒の発生が多くなり易い条件にあった。
索引語穂揃期;条件;栽植密度;イネ;収量構成要素;乾物重;発生;白未熟粒;高温;夏
引用文献数14
登録日2014年08月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat