山口県秋穂湾における水温の長期変動と気温の影響

山口県秋穂湾における水温の長期変動と気温の影響

レコードナンバー872300論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008949NACSIS書誌IDAA11811044
著者名和西 昭仁
書誌名山口県水産研究センター研究報告 = Bulletin of Yamaguchi Prefectural Fisheries Research Center
別誌名Bull. Yamaguchi Pref. Fish. Res. Ctr.
発行元山口県水産研究センター
巻号,ページ6号, p.11-18(2008-03)ISSN13472003
全文表示PDFファイル (2460KB) 
抄録1 秋穂湾における毎日の水温は,短期的な上昇や下降を伴いながら,4.0℃から31.0℃の範囲で推移した。2 水温の月平年値は8.0℃(2月)から27.30℃(8月)の範囲にあった。3 年平均水温は16.2℃から18.3℃の範囲で推移し,上昇率は0.041℃/年(27年間に1.1℃)と算出された。4 各季の水温は,春季や秋季に有意な上昇傾向が認められ,冬季については1986年から1987年にかけて急激な上昇が見られた。5 秋穂湾周辺における毎日の気温(午前9時)は,水温よりも激しいスパイク状の短期変動を伴いながら,-6.1~32.3℃の範囲で推移した。6 気温の月平年値は4.5℃(1月)から27.5℃(8月)の範囲にあった。7 年平均気温は14.6℃から16.9℃の範囲で推移し,上昇率は0.061℃/年(27年間に1.6℃)と算出された。8 秋穂湾の水温と気温は密接に関連しており,気温が水温に先行して推移した。
索引語水温;範囲;気温;推移;年;上昇;秋穂湾;月平年値;上昇率;算出
引用文献数7
登録日2014年08月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat