高感度低周波圧力センサを利用した乳牛の反芻自動計測装置の開発

高感度低周波圧力センサを利用した乳牛の反芻自動計測装置の開発

レコードナンバー872422論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名堂腰 顕
瀬尾 哲也
柏村 文郎
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ85巻・ 2号, p.163-169(2014-05)ISSN1346907X
外部リンク
全文表示PDFファイル (1456KB) 
抄録乳牛の反芻行動は給与飼料の物理性の良否や乳牛の健康状態を知る上で重要な情報源となり得る。本試験では,将来の実用性を考慮し,乳牛の首に装着可能な反芻計測装置を作成し,その精度を評価することを目的とした。実験1では高感度低周波圧力センサを用いた反芻計測装置を試作した。得られたデータを反芻,摂食,非咀嚼行動に分け,ケプストラム法によるスペクトル解析をした結果,反芻時には1.3Hzおよび2.6Hzの周波数帯に特徴的なピークが現れることが明らかとなった。その特徴を用いて反芻行動を自動識別するプログラムの開発を行った。実験2では,装置の精度と信頼性を検証するため,フリーストール牛舎およびタイストール牛舎でデータを収集し,本装置と人による行動観察で得られた反芻時間を比較した。実験全体の平均反芻識別正解率は91.1%となり,本装置は乳牛の反芻時間を計測する機器として実用化の可能性が示された。
索引語乳牛;反芻時間;高感度低周波圧力センサ;開発;反芻計測装置;精度;データ;本装置;反芻;給与飼料の物理性
引用文献数21
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat