味噌に混入した糞便汚染指標菌の検出方法の検討

味噌に混入した糞便汚染指標菌の検出方法の検討

レコードナンバー872502論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005621NACSIS書誌IDAN00117854
著者名細谷 幸恵
大畑 由紀子
川崎 晋
稲津 康弘
書誌名食品総合研究所研究報告 = Report of National Food Research Institute
別誌名Rep. Nat'l Food Res. Inst
食総研報
発行元農林省食品総合研究所
巻号,ページ78号, p.25-29(2014-03)ISSN03019780
全文表示PDFファイル (1609KB) 
抄録味噌は日本の伝統的な発酵食品である。高い塩分濃度と弱酸性状態によって味噌中では有害細菌の増殖は抑制されるが,最近では低塩味噌やその他の加工製品も販売されるようになっている。味噌に混入した少量の腸球菌をより正確に検出するため,サンプリング数,培養期間,および使用培地の検討を行った。本研究で得られた結果は自主衛生検査を実施する際に有用であると考えられた。
索引語味噌;混入;検討;培養期間;糞便汚染指標菌;検出方法;日本;発酵食品;塩分濃度;弱酸性状態
引用文献数5
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat