モチ米澱粉の熱水ナノスケール微細化

モチ米澱粉の熱水ナノスケール微細化

レコードナンバー872575論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名吉岡 泰嗣
清水 直人
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ15巻・ 2号, p.95-100(2014-06)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (811KB) 
抄録加圧熱水の反応場を用いてモチ米澱粉のナノスケール化を行った。澱粉の濃度,加圧熱水の圧力と温度をそれぞれ操作し,調製条件の違いによる澱粉粒子の性質の違いを観察した。澱粉粒子の性質としてゼータ電位・粒度分布測定装置を用いて平均粒子径と粒子径分布を測定した。澱粉の平均粒子径は調製条件に依存し,濃度が小さいほど平均粒子径は小さくなり,圧力と温度が高いほど平均粒子径は小さくなった。濃度0.1%(w/w),初期圧力3.0MPa,到達温度180℃という調製条件において平均粒子径が150.4nmとなり,本実験における最小の平均粒子径を示すことが明らかになった。また,100nm以下の粒子が約30%であった。本実験の操作範囲において温度,圧力および濃度を操作することで平均粒子径を制御し,目的に応じた平均粒子径の試料を調製できることが示唆された。また,大気圧-100℃で調製した場合においては100nm以下の成分が確認できず,加圧熱水を用いて調製した場合ではいずれの試料においても100nm以下に粒子の分布が認められた。このことから加圧熱水は平均粒子径100nm以下の小さな粒子を調製する手段として有効であることがわかった。さらに,圧力と温度からMarshall-Franckの式を用いて求めた水のイオン積によって,加圧熱水の反応場の特性を評価できることが明らかになった。
索引語平均粒子径;粒子;加圧熱水;圧力;温度;澱粉;調製;濃度;調製条件;モチ米澱粉
引用文献数18
登録日2014年09月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat