異なる条件で浸出した緑茶の渋味およびうま味の味覚センサーによる評価

異なる条件で浸出した緑茶の渋味およびうま味の味覚センサーによる評価

レコードナンバー872678論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名久保 智子
藤原 孝之
冨澤 代志子
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ61巻・ 5号, p.192-198(2014-05)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録味覚センサーを用いて,茶葉の渋味およびうま味を客観的に評価できることが知られているが,これまでの研究では同一条件で浸出した茶で評価されており,浸出条件による味の違いや,水出し緑茶の評価は行われていない。そこで,浸出条件が異なる緑茶を用いて,味覚センサーによる渋味およびうま味の評価値の妥当性を検討した。同一茶葉を,浸出温度および時間を変えて浸出した緑茶の味覚センサーによる「渋味推定値」および「うま味推定値」は,それぞれの味と関係が深いガレート型カテキンおよび総アミノ酸濃度と相関が認められた。また,主に高級茶について,異なる茶種および浸出条件の緑茶についても,渋味推定値は同様の結果が得られた。うま味推定値については,アミノ酸量の少ない下級茶を用いた場合,低温浸出時にアミノ酸濃度とうま味推定値との相関が低下する可能性があるが,アミノ酸量の多い高級茶を使用した場合は,総アミノ酸濃度との相関が認められた。官能検査の結果では,浸出条件が異なっていても,渋味推定値と官能評価値(渋味)との間に高い相関が認められた。うま味については,特に渋味の強い緑茶を除いて,うま味推定値と官能評価値(うま味)との間に高い相関が認められた。以上のことから,味覚センサーは,特に高級茶において,茶種に適した浸出方法の検討や,水出し緑茶のような低温浸出を含む緑茶の評価に利用可能と考えられた。
索引語緑茶;うま味;渋味;評価;味覚センサー;相関;浸出;浸出条件;うま味推定値;味
引用文献数17
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat