Streptomyces avermitilis NBRC 14893Tから新たに見出したcomplestatinとoxazolomycin類縁体の生合成遺伝子クラスター

Streptomyces avermitilis NBRC 14893Tから新たに見出したcomplestatinとoxazolomycin類縁体の生合成遺伝子クラスター

レコードナンバー872736論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000458NACSIS書誌IDAN10475420
著者名小牧 久幸
市川 夏子
関根 光雄
北橋 優子
藤田 信之
鈴木 健一朗
書誌名Microbiology and Culture Collections : 日本微生物資源学会誌
発行元日本微生物資源学会
巻号,ページ30巻・ 1号, p.1-11(2014-06)ISSN13424041
全文表示PDFファイル (1732KB) 
抄録抗寄生虫薬avermectinの生産菌として知られているStreptomyces avermitilis ATCC 31267Tのゲノム配列が2001年に論文発表され(Omura et al.,2001),同基準株S. avermitilis MA-4680Tの全ゲノム配列として9Mbの染色体と94kbのプラスミドSAP1のDNA配列がGenBank/EMBL/DDBJで公開されている(Ikeda et al.,2003)。今回MA-4680Tに由来するS. avermitilis NBRC 14893TのゲノムDNAを鋳型としたPCRで,公開されているゲノム配列には存在しない未知のNRPS遺伝子が増幅するという不可解な現象が確認された。その原因を調べるためにNBRC 14893Tをゲノム解析した結果,公開されているゲノム配列には存在しない配列を見出した。この中には約40kbのNRPS遺伝子クラスターや約65kbのNRPS/PKSハイブリッド遺伝子クラスターが存在し,それぞれdemethylcomplestatinと新規oxazolomycin類縁体の生合成に関与することが示唆された。S. avermitilisの基準株(MA-4680T)はAgricultural Research Service Culture Collection(NRRL)を経た後に,KCC Culture Collection of Actinomycetes,Kaken Pharmaceutical Co.,Ltd. (KCC)とAmerican Type Culture Collection(ATCC)に渡っている。NBRC 14893TはKCC株に由来し,2001年のゲノム解読株はATCC株に由来している。Streptomycesではプラスミドの欠落やゲノムの組換えなどが容易に起こり得るので,本研究で見出した2つの生合成遺伝子クラスターは基準株がNRRLからATCCに渡った後のどこかの段階で欠落したのであろう。
索引語Streptomyces;ゲノム配列;公開;由来;存在;Culture;Collection;生合成遺伝子クラスター;al;14893T
引用文献数32
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat