超臨界流体抽出およびLC-MS/MSを用いた野菜・果実中の残留農薬一斉分析

超臨界流体抽出およびLC-MS/MSを用いた野菜・果実中の残留農薬一斉分析

レコードナンバー872788論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名志田 静夏
根本 了
松田 りえ子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ55巻・ 3号, p.142-151(2014-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (763KB) 
抄録超臨界流体抽出(SFE)およびLC-MS/MSを用いた野菜・果実中の残留農薬一斉分析法を開発した。LC測定が可能な中~高極性農薬を対象として,SFE試料の調製方法やSFE条件を最適化した。SFE試料として試料-セライト-無水硫酸マグネシウム(1:1:1)の混合比率,モディファイヤーとしてメタノール,超臨界二酸化炭素流体を用いて,抽出圧力16.4MPa,抽出温度40℃,抽出時間30分でSFEを行うことにより,検討農薬の大部分で高回収率が得られた。117農薬について添加濃度0.01ppmで添加回収試験を行ったところ,トマトで112農薬,きゅうりで103農薬で,真度70~120%,併行精度25%未満の良好な結果が得られた。農薬が残留した市販の野菜・果実を用いて,本法と通知法を比較したところ,ほぼ同等の結果が得られた。アセフェートやメタミドホスのような高極性農薬は,開発したSFE法のほうが,有機溶媒抽出法(厚生労働省通知一斉試験法)よりも高回収率が得られた。
索引語LC;野菜;超臨界流体抽出;開発;高極性農薬;SFE試料;結果;試料;農薬;アセフェート
引用文献数30
登録日2014年09月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat