1/5万農耕地土壌図の包括的土壌分類第1次試案への読替え試行

1/5万農耕地土壌図の包括的土壌分類第1次試案への読替え試行

レコードナンバー873071論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名若林 正吉
高田 裕介
神山 和則
小原 洋
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ85巻・ 4号, p.349-357(2014-08)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (6482KB) 
抄録群馬,栃木,愛知,三重の4県のデジタル1/5万農耕地土壌図に対し,地力保全基本調査の成績書・総合成績書の記載に基づいて,包括1次試案への読替えを行った。また,成績書の記載に基づいた土壌分類結果を解析し,農地2次案の土壌群と包括1次試案の土壌群・亜群の対応性および全国[県]土壌統に基づく読替えの一意性について考察した。農地2次案と包括1次試案における分類結果を比較したところ,多湿黒ボク土(農),褐色森林土(農),灰色台地土(農),黄色土(農)については,分類体系間の対応性が低く,包括1次試案では約半数の土壌が異質な土壌群に分類された。同一の全国[県]土壌統に属する土壌でも,包括1次試案で分類すると,土壌大群・土壌群の段階で2種以上の分類単位に分類される場合があることが示された。とくに,多湿黒ボク土(農),黄色土(農),褐色森林土(農)に属する土壌では,その傾向が強かった。このことから,地域別の断面データを参照せずに,全国[県]土壌統を読替え単位として用いる場合,現地の土壌と異なる分類名に読替えられる危険性が懸念された。読替えの結果,アロフェン質黒ボク土(包)と未熟黒ボク土(包),非アロフェン質黒ボク土(包)の分布区分が土壌図上に図示された。また,東海地方では黄色土(農)の分布域の半分が,赤黄色土大群(包)ではなく,褐色森林土(包)や疑似グライ土(包)として図示された。
索引語農;包;土壌統;土壌;包括1次試案;土壌群;分類;読替え;県;黄色土
引用文献数17
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat