極短穂型飼料イネ品種「たちすずか」によるホールクロップサイレージの栄養価と第一胃内分解性

極短穂型飼料イネ品種「たちすずか」によるホールクロップサイレージの栄養価と第一胃内分解性

レコードナンバー873110論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名河野 幸雄
新出 昭吾
神田 則昭
城田 圭子
福馬 敬紘
塚崎 由子
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ60巻・ 2号, p.91-96(2014-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (497KB) 
抄録飼料イネの極短穂型品種「たちすずか」と普通品種「クサノホシ」のホールクロップサイレージの栄養価および第一胃内分解特性の違いを明らかにするため,1年目はヒツジ4頭,2年目はウシ3頭を用いて2回の消化試験を行った。両品種の粗蛋白質,粗脂肪および可溶無窒素物の消化率に差はみられなかったが,粗繊維と中性デタージェント繊維の消化率は「たちすずか」が高かった。ヒツジおよびウシにおける「たちすずか」の可消化養分総量は「クサノホシ」より4.3および5.7ポイント高かった。「たちすずか」は葉鞘を含む茎部の乾物および中性デタージェント繊維の第一胃内有効分解率が「クサノホシ」よりも高く,リグニンとケイ酸含量の低さが要因と考えられた。これらの結果から,「たちすずか」は「クサノホシ」よりホールクロップサイレージの栄養価が優れていることが明らかになった。
索引語クサノホシ;たちすず;ホールクロップサイレージ;栄養価;短穂型飼料イネ品種;第一胃内分解性;消化率;中性デタージェント繊維;飼料イネ;短穂型品種
引用文献数18
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat