Norovirus食中毒における発生頻度の時間的な検討

Norovirus食中毒における発生頻度の時間的な検討

レコードナンバー873161論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015317NACSIS書誌IDAA11157349
著者名高橋 正弘
池田 恵
中村 丁次
豊福 肇
書誌名獣医疫学雑誌 = The journal of veterinary epidemiology
発行元獣医疫学会
巻号,ページ18巻・ 1号, p.56-64(2014-07)ISSN13432583
全文表示PDFファイル (3787KB) 
抄録Norovirus食中毒における年別,月別,週別,日別,曜日別の発生頻度は,「全国食中毒事件録」第三篇に収録されている1998年~2008年の11年間の発生年月日,発生件数,患者数を用い検討した。年別発生頻度は2003年~2008年の間が平均値を超えた高い期間であった。発生頻度が上限値を超えた2006年は異常に高い年であった。月別発生頻度は12月,1月,2月,3月,11月の順に高く,冬季に発生が集中していた。12月と1月の間は有意差が認められなかったが,12月および1月は他の月との間で有意差が認められた。したがって,12月および1月は発生頻度が高い月であった。週別発生頻度は発生件数が第47週から第14週,患者数が第47週から第13週までの間が連続して平均値を超えた高い期間であった。中でも発生頻度は第51週が有意に高く,第52週および第1週の年末年始の週が有意に低くかった。日別発生頻度は発生件数が11月17日~3月31日の間,患者数が11月15日~4月2日の間が平均値を超えた高い期間であった。中でも発生頻度は12月9日,12月10日,12月16日,12月23日など12月中旬の第51週の日が特に高かった。12月29日,12月30日,1月2日,1月3日など年始年末に当たる日は平均値を下回り発生頻度が低かった。曜日別発生頻度は土曜日,日曜日,金曜日,月曜日,火曜日,木曜日,水曜日の順に高かった。土曜日と日曜日の間には有意差が認められなかったが,土曜日および日曜日は他の曜日との間で有意差が認められた。したがって,土曜日および日曜日は発生頻度が高い曜日であった。
索引語発生頻度;期間;平均値;有意差;月;発生件数;発生;Norovirus食中毒;検討;月別
引用文献数6
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat