各種木ダボによるスギ厚板の2面せん断性能

各種木ダボによるスギ厚板の2面せん断性能

レコードナンバー873203論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20001550NACSIS書誌IDAA1155559X
著者名中田 欣作
書誌名奈良県森林技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Forest Research Institute
奈良県森技セ研報
Bull. Nara, For. Res. Inst.
発行元奈良県森林技術センター
巻号,ページ43号, p.23-33(2014-04)ISSN13459864
全文表示PDFファイル (10765KB) 
抄録落とし込み板壁等の厚板耐力壁の面内せん断変形を決定する要素の一つである板相互のずれを減少させることを目的として、正方形および円形断面の14種類の木ダボを用いてスギ厚板の2面せん断試験を行った。2面せん断試験における初期剛性は、木ダボの横ヤング係数および密度の増加とともに増加した。2面せん断試験における降伏耐力および最大耐力は、木ダボの曲げ強さおよび密度の増加とともに増加した。また、木ダボのヤング係数の増加とともにこれらの強度性能は増加したが、それらの相関関係は密度等との相関関係よりも低かった。スギ強化LVLのダボは初期剛性および最大耐力が最も高かったが塑性率で示される変形性能は最も低かった。アカガシ、ホワイトアッシュおよびユーカリのダボは初期剛性、最大耐力および塑性率が高くダボに適していた。正方形断面のダボでは、従来から用いられている円形断面のダボと比較すると、断面積の比と同等の初期剛性および最大耐力の向上が認められた。ヨーロッパ型降伏理論式および弾性床上の梁の曲げ理論式により厚板の2面せん断試験のすべり剛性および最大耐力を算出したところ、これらの計算値は実験値と良く一致した。
索引語最大耐力;ダボ;木ダボ;増加;2面せん断試験;初期剛性;密度;各種木ダボ;円形断面;相関関係
引用文献数6
登録日2014年10月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat