人工林皆伐跡地の時間経過による植生と林分構造の変化

人工林皆伐跡地の時間経過による植生と林分構造の変化

レコードナンバー873219論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005905NACSIS書誌IDAN10523851
著者名佐々木 重行
茅島 信行
桑野 泰光
書誌名福岡県森林林業技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Prefecture Forest Research and Extension Center
研究報告
福岡県森林研報
発行元福岡県森林林業技術センター
巻号,ページ15号, p.10-17(2014-03)ISSN13418092
全文表示PDFファイル (743KB) 
抄録スギ・ヒノキ人工林の皆伐跡地で,侵入した樹木の2時期の植生と林分構造の変化について検討した。築城では,先駆種から落葉高木性の樹種が優占する林分へ,篠栗では,作業道でスギ・ヒノキが優占した林分以外は,先駆種がそのまま大きくなり優占する林分か,常緑高木性の樹種が大きくなり優占する林分へ遷移していた。植生の回復パターンに違いが見られたが,いずれも上層の林冠を広葉樹が形成し,樹木の成長が見られた。以上のことから,これらの調査地では天然更新による広葉樹林化の可能性は高いと考えられた。また,同一林分でも植生回復パターンの違いが見られた。
索引語優占;植生;林分;林分構造;変化;スギ;樹木;先駆種;樹種;違い
引用文献数7
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat