食鳥処理工程におけるブロイラーの関節損傷

食鳥処理工程におけるブロイラーの関節損傷

レコードナンバー873258論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名長谷川 剛
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ85巻・ 3号, p.309-314(2014-08)ISSN1346907X
外部リンク
全文表示PDFファイル (358KB) 
抄録食鳥処理施設では,経済損失の重大な原因は筋肉内出血である。また,手羽折れと称される肘関節の開放性脱臼と肩関節脱臼は屠体の商品価値の低下や部分肉の整形する必要性から経営に重大な影響を及ぼす。ニワトリを処理する上でアニマルウェルフェアの啓発と経済損失の対策として,手羽折れの発生要因と防止対策をスタニング電圧,ATP関連物質から検討した。スタニング電圧をニワトリの種類ごとに設定した結果,手羽折れ発生率が減少し,ブロイラーの適正なスタニング電圧は15.7~22.3Vであった。手羽折れ屠体と正常鶏肉のATP関連物質(アデノシン三リン酸,アデノシン二リン酸,アデノシン一リン酸,イノシン酸,イノシン,ヒポキサンチン)を測定し,筋肉の分解の程度を表現する筋肉のKa値を算出した。手羽折れを呈したブロイラーのKa値は93.5±1.9%(平均±SD),正常屠体ブロイラーは88.0±3.1%であった。一方,29Vのスタニング電圧で大腿部の皮下に出血斑が認められた屠体のKa値は90.1±2.3%であった。以上のことから,適正なアフタースタニング電圧は手羽折れ防止対策に有効であり,関節損傷と関連のある強い痙攣反応がKa値に影響していると示唆された。
索引語手羽;スタニング電圧;Ka値;ブロイラー;屠体;関節損傷;筋肉;経済損失;影響;ニワトリ
引用文献数8
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat