アカヒゲホソミドリカスミカメに対するLED光の誘引性

アカヒゲホソミドリカスミカメに対するLED光の誘引性

レコードナンバー873268論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名野口 忠久
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ58巻・ 3号, p.203-209(2014-08)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (2259KB) 
抄録LEDを利用して,簡易で捕獲効率に優れたライトトラップを開発するために,アカヒゲホソミドリカスミカメに対するLED光の誘引性について調査した。また,LEDを光源とするライトトラップ(LEDトラップ)を作製し,野外での誘殺状況を調査した。その結果,光強度が同じ条件では375nm~450nmのLEDの中で,アカヒゲホソミドリカスミカメ成虫に対する誘引性は375nmが最も高かった。一方,定格出力(順電流20mA)で比較した場合は,各LEDの出力特性が影響し,定格出力の光強度が大きい400nmのLED(NS400L-ERLM)の誘引性が優った。野外に設置したLEDトラップのうち,雑草地では第2世代と推定される成虫,水田内では出穂期に侵入したと考えられる成虫の比較的明瞭な誘殺盛期が認められ,LEDトラップが水田内のアカヒゲホソミドリカスミカメの発生状況の把握に利用できる可能性が示唆された。一方,試作したLEDトラップでは,アカヒゲホソミドリカスミカメ以外にも多数の昆虫等が粘着板に付着する問題があり,今後,改良する必要がある。
索引語アカヒゲホソミドリカスミカメ;誘引性;LED;LED光;LEDトラップ;成虫;利用;ライトトラップ;調査;野外
引用文献数21
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat