沖縄県内各地から収集したトウガラシ(Capsicum spp. )の果実特性と分類

沖縄県内各地から収集したトウガラシ(Capsicum spp. )の果実特性と分類

レコードナンバー873317論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035510NACSIS書誌IDAA12354979
著者名與那嶺 かおる
宮城 徳道
坂本 守章
伊是名 純二
石垣 新
渡慶次 美歌
書誌名沖縄県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
別誌名Bull. Okinawa Agric. Res. Cent.
沖縄県農研セ研報
発行元沖縄県農業研究センター
巻号,ページ7号, p.55-60(2013-07)ISSN18829481
全文表示PDFファイル (938KB) 
抄録県内各地で収集したトウガラシ18系統について,花冠の色,斑紋,葯色や果実特性の違いなどによってCapsicum annuum,C. frutescens,C. baccatum の3種に分類できた。C. baccatumは花冠に斑紋があり,葯は黄色で,国内では栽培の事例が報告されていないトウガラシである。C. annuumは花冠が白色で,葯は青色,C. frutescensは花冠が緑白色で葯は青色の特性を持っている。供試した18系統は果実特性によって,I~IX類型に部類分けされ,I類型はC. baccatum,II~VII類型はC. annuum,VIII~IX類型はC. frutescensであり,C. annuumは多様な類型があった。
索引語C. frutescens;C. baccatum;C. annuum;花冠;果実特性;葯;トウガラシ;収集;分類;Capsicum
引用文献数8
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat