加温栽培マンゴー(Mangifera Indica L. )における果実重と果実糖度の変動および収穫期間をとおした果実全量調査に代わる調査方法の検討

加温栽培マンゴー(Mangifera Indica L. )における果実重と果実糖度の変動および収穫期間をとおした果実全量調査に代わる調査方法の検討

レコードナンバー873319論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035510NACSIS書誌IDAA12354979
著者名尾上 佑子
島袋 由乃
謝花 治
高橋 健
伊地 良太郎
松村 まさと
石川 功至
島袋 正明
玉城 照夫
仲宗根 智
書誌名沖縄県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
別誌名Bull. Okinawa Agric. Res. Cent.
沖縄県農研セ研報
発行元沖縄県農業研究センター
巻号,ページ8号, p.19-24(2014-03)ISSN18829481
全文表示PDFファイル (481KB) 
抄録加温栽培マンゴーについて,2009~2011年の収穫期間における250g以上の果実で,果実重と果実糖度の変動を分析した。その結果から,1果あたりの果実重で年次間変動が個体間変動より大きいことが認められた。また,果実重および糖度について,収穫期間を旬ごとに分析したところ,果実重および糖度は収穫期が後半になるにつれ,果実重が増し,糖度が高くなることが認められた。果実重,糖度の平均値およびそれらの変動係数を比較すると,果実数が最も多くなる最盛期と全量調査は近似したため,収穫期間を限定した標本採取が可能と推察された。最盛期の調査で最大となる変動係数20.0%から95%信頼度のもと誤差率が10%になる標本数を算出したところ,最盛期の果実を1樹あたり16個供試することで,全量調査の精度を維持できることが明らかになった。
索引語収穫期間;果実重;糖度;変動;果実;加温栽培マンゴー;果実糖度;Mangifera;分析;全量調査
引用文献数21
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat