天然型アブシジン酸の土壌散布がウンシュウミカンの果実肥大と品質に及ぼす影響

天然型アブシジン酸の土壌散布がウンシュウミカンの果実肥大と品質に及ぼす影響

レコードナンバー873355論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名河合 義隆
岡本 真依
白石 亮
藤澤 弘幸
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ59巻・ 2号, p.114-120(2014-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (1409KB) 
抄録植物ホルモンの天然型アブシジン酸(S-ABA)を土壌散布処理し,ウンシュウミカンの果実の肥大と品質に及ぼす影響を2009年と2010年に調べた。両年ともS-ABA土壌散布(0,0.1,1,10ppm)を果実肥大期の7月と9月に2回行ったところ,果実の肥大が促進され,S-ABA区で果重,果実の横径,縦径が大きくなった。一方,果皮色は,S-ABA処理区で着色が両年とも抑制された。糖含量はS-ABA処理区で低くなりS-ABA10ppm区が最も低かった。酸度はS-ABA処理区と対照区の間に有意な差はみられなかった。果汁中のカリウム含量が対照区に比較してS-ABA処理区で高く,その処理濃度が高くなるにつれてカリウム含量が増加した。これらの結果より,根へのS-ABA処理は果実の肥大と成熟に作用することが示された。
索引語ウンシュウミカン;果実;ABA処理区;肥大;天然型アブシジン酸;品質;影響;カリウム含量;ABA;果実肥大期
引用文献数22
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat