エゾシカの狩猟及び有害駆除に関する狩猟者の意識と行動実態

エゾシカの狩猟及び有害駆除に関する狩猟者の意識と行動実態

レコードナンバー873401論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012163NACSIS書誌IDAN10382771
著者名車田 利夫
書誌名北海道環境科学研究センター所報 = Report of Hokkaido Institute of Environmental Sciences
発行元北海道環境科学研究センター
巻号,ページ36号, p.57-64(2010-10)ISSN09168656
全文表示PDFファイル (6282KB) 
抄録エゾシカの狩猟及び有害駆除における狩猟者の意識と行動実態に関するアンケート調査の結果を基に、捕獲数を増やすための効果的な施策について検討した。1/3の狩猟者が捕獲数を増やしたいと考えており、施策次第で捕獲数増加を図ることは可能であると考えられた。猟期の3月延長及び短期間のオス禁猟措置は、それぞれ狩猟努力量の増加とメス捕獲数の増加に効果的と考えられた。狩猟者の多くは、入林規制の緩和や林道の除雪、捕獲物の処分などといった狩猟活動に対する支援を望んでおり、それらに応えることによって捕獲数が増加する可能性があると考えられる。有害駆除への従事率には大きな地域差があり、経験の有無にかかわらず、狩猟者の多くが従事に意欲的であったことから、有害駆除には潜在的な努力量が多く残されていると考えられた。今後は、実現性の高い施策から実行に移していくとともに、狩猟者の意識と行動を常にモニタリングし、施策にフィードバックする体制の構築が求められる。
索引語狩猟者;捕獲数;増加;有害駆除;エゾシカ;狩猟;意識;施策;行動実態;メス捕獲数
引用文献数4
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat