長野市周辺におけるカラ類の産卵日と気象条件

長野市周辺におけるカラ類の産卵日と気象条件

レコードナンバー873406論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019898NACSIS書誌IDAA12038083
著者名堀田 昌伸
浜田 崇
田中 守
書誌名長野県環境保全研究所研究報告
別誌名Bulletin of Nagano Environmental Conservation Research Institute
長野県環境保全研究所研究報告書
発行元長野県環境保全研究所
巻号,ページ10号, p.7-11(2014-08)ISSN1880179X
全文表示PDFファイル (246KB) 
抄録2008年から2013年の6年間,標高の違う二ヶ所,飯綱サイト(標高1,010~1,050m)と犀川サイト(標高345m)でシジュウカラとヒガラの初卵日と気象条件との関係を調査した。飯綱サイトでは,シジュウカラとヒガラの初卵日の年による差が大きかった。平均初卵日の最も早い年と最も遅い年の差が,シジュウカラでは18.6日,ヒガラでは19.6日であった。一方,犀川サイトでは,シジュウカラの平均初卵日は年による差がなく,最も早い年と最も遅い年の差は2.6日であった。飯綱サイトでは,両種とも平均初卵日の年による違いを昆虫類の発育指標である有効積算温度でよく説明できた。
索引語年;シジュウカラ;差;飯綱サイト;ヒガラ;気象条件;犀川サイト;長野市周辺;カラ類;標高
引用文献数16
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat