春植物アマナの繁殖特性

春植物アマナの繁殖特性

レコードナンバー873407論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019898NACSIS書誌IDAA12038083
著者名尾関 雅章
書誌名長野県環境保全研究所研究報告
別誌名Bulletin of Nagano Environmental Conservation Research Institute
長野県環境保全研究所研究報告書
発行元長野県環境保全研究所
巻号,ページ10号, p.13-17(2014-08)ISSN1880179X
全文表示PDFファイル (1342KB) 
抄録春植物アマナの繁殖特性を明らかにするため,長野県中部の自生地において,繁殖様式,結実特性および繁殖様式と鱗茎サイズの関係を調査した。アマナは,地下の鱗茎から生じるドロッパーの先端に1個の新たな娘鱗茎を形成する栄養繁殖と種子繁殖の二つの異なる繁殖様式をもつことが確認された。また,袋がけ実験の結果から,強い自家不和合性を示すことが明らかとなった。繁殖様式は鱗茎サイズによって異なっており,鱗茎直径の増大にともなって栄養繁殖の開始,ついで栄養繁殖から種子繁殖への推移が生じることが示唆された。
索引語春植物アマナ;繁殖様式;栄養繁殖;繁殖特性;鱗茎サイズ;種子繁殖;アマナ;ドロッパー;鱗茎;長野県中部
引用文献数15
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat