長野県における野生キノコの放射性セシウム濃度(2011年度-2012年度)

長野県における野生キノコの放射性セシウム濃度(2011年度-2012年度)

レコードナンバー873408論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019898NACSIS書誌IDAA12038083
著者名五十嵐 歩
中込 和徳
宮地 斗美
酒井 文雄
斉藤 憲洋
細井 要一
書誌名長野県環境保全研究所研究報告
別誌名Bulletin of Nagano Environmental Conservation Research Institute
長野県環境保全研究所研究報告書
発行元長野県環境保全研究所
巻号,ページ10号, p.25-31(2014-08)ISSN1880179X
全文表示PDFファイル (1042KB) 
抄録福島第一原子力発電所の事故の影響を受け,長野県内に生育する野生キノコの放射性物質の検査を2011年度及び2012年度の2年間にわたり行った。測定したキノコ(2011年度19試料,2012年度84試料,総数103)の中で放射性セシウム濃度が基準値を超過した試料は2011年度で5%あり,2012年度で11%あった。一方で基準値の1/5未満のものも,2011年度で74%,2012年度で64%存在した。地域別にみると東北信地域の134Cs濃度が高く事故の影響が確認され,測定数の多い佐久地域内において,134Cs濃度を比較したところ地域差が見られた。
索引語野生キノコ;放射性セシウム濃度;事故;影響;基準値;134Cs濃度;キノコ;地域別;長野県;試料
引用文献数8
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat