小規模河川内を移動するサケおよびサクラマスの自動計数の試み

小規模河川内を移動するサケおよびサクラマスの自動計数の試み

レコードナンバー873427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名権田 豊
近藤 康行
高橋 直己
宮 江介
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ7巻・ 1号, p.1-16(2014-08)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (3564KB) 
抄録本研究は,利根大堰の魚道でサケOncorhynchus ketaの遡上数の自動計数に使用されている魚カウンターを用いて,小規模河川を移動する魚類を計数する手法を確立することを目的とした。2つの小規模な河川,1 つの自然河川を模した魚道において,河床上に簡易なプラットフォームを構築し,魚カウンターを設置して通過したサケとサクラマスO. masou数を計測した。その結果,水深や電極の長さが一定の条件を満す場合,体長60cm以上のサケを計測可能であることがわかった。計数精度を低下させる可能性のある要因を考察し, 河床上へのプラットフォームの構築方法を提案した。
索引語サケ;移動;自動計数;魚道;魚カウンター;プラットフォーム;サケOncorhynchus keta;計数;河川;つの自然河川
引用文献数31
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat