ホタテガイ幼生簡易同定に用いる高特異的ポリクローナル抗体の作製

ホタテガイ幼生簡易同定に用いる高特異的ポリクローナル抗体の作製

レコードナンバー873430論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名清水 洋平
岩井 俊治
高畠 信一
川崎 琢真
山下 正兼
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ7巻・ 1号, p.31-36(2014-08)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (1277KB) 
抄録ほたてがい漁業を支える天然採苗を効率化させるため,関係各機関ではホタテガイ幼生の分布調査を行っている。これまで,ホタテガイの幼生を殻の形態で判別していたが,二枚貝幼生の殻の形態は類似性が高いため判別に経験を要し,また,交板の形状による判別は簡易性に欠け,現場向きではない。そのため,幼生の形態を基にした判別は,作業に従事できる人材を限定し,かつ,時間と労力を要する作業となっていた。そこで本研究では,ホタテガイ幼生に対するポリクローナル抗体を作製した。本抗体はホタテガイ幼生を特異的に染色できた。これによりホタテガイ幼生の判別が容易になり,作業が簡易化されることが期待される。
索引語幼生;判別;ホタテガイ幼生;形態;作業;作製;殻;時間;ホタテガイ幼生簡易同定;高特異的ポリクローナル抗体
引用文献数15
登録日2014年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat