ハトムギ新品種「とりいずみ」の育成とその特性

ハトムギ新品種「とりいずみ」の育成とその特性

レコードナンバー873480論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003504NACSIS書誌IDAA11598810
著者名手塚 隆久
松井 勝弘
原 貴洋
森下 敏和
書誌名九州沖縄農業研究センター報告
別誌名Bulletin of the NARO Kyushu Okinawa Agricultural Research Center (NARO/KARC)
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Kyushu Okinawa Reg.
九州沖縄農研報告
発行元農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター
巻号,ページ62号, p.1-9(2014-09)ISSN13469177
全文表示PDFファイル (795KB) 
抄録ハトムギ(Coix lacryma-jobi L. )「とりいずみ」は九州沖縄農業研究センターにおいて育成され,2011年に種苗登録出願が公表された。本品種は1996年に導入品種「光州」と系統「EMS200-2-d-10-4-2-4」を交配し,系統育種法で育成された。「光州」は短稈の中生で熟色に艶がある韓国からの導入品種,「EMS200-2-d-10-4-2-4」は多収性品種「岡山在来」由来の晩生短稈突然変異系統である。育成地での本品種の草丈は「あきしずく」よりやや高く,茎数は「あきしずく」よりやや少なく,茎は「あきしずく」よりやや太い。着粒数は「あきしずく」と同程度で多く,粒は小さいので百粒重が軽い。熟期は「あきしずく」と同じ中生に属する。収量性は「あきしずく」と同程度である。葉枯病抵抗性は葉枯程度が「あきしずく」と同程度で少なく,病害による不稔粒が「あきしずく」よりやや少ない。「とりいずみ」は幼苗時の葉鞘色が赤紫,柱頭色が濃い赤紫である。
索引語しずく;育成;とり;中生;本品種;導入品種;光州;赤紫;Coix;短稈
引用文献数6
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat