リボソームDNAの大サブユニット領域およびITS領域の塩基配列にもとづくべニタケ科クロハツ節の分子系統

リボソームDNAの大サブユニット領域およびITS領域の塩基配列にもとづくべニタケ科クロハツ節の分子系統

レコードナンバー873490論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032717NACSIS書誌IDAA12234310
著者名下野 義人
広井 勝
高松 進
書誌名三重大学大学院生物資源学研究科紀要 = The bulletin of the Graduate School of Bioresources Mie University
発行元三重大学大学院生物資源学研究科
巻号,ページ40号, p.65-75(2014-03)ISSN
全文表示PDFファイル (586KB) 
抄録リボソームDNA 28S領域(LSU rDNA)および5.8Sを含むITS領域の塩基配列に基づいて、ベニタケ属クロハツ節の分子系統解析を行った。外群を含めて28S領域の解析には42個、ITS領域では49個のシークエンスを用いた。最節約法(MP)に基づく、リボゾームDNAの28S領域の解析では、クロハツ節は大きな3群(group A-C)に別れた。Group Aはクロハツモドキ(Russula densifolia)とコゲイロハツ(R. adusta)、Group Bはニセクロハツ(R. subnigricans)、Group Cはクロハツ(R. nigricans)で構成された。ITS領域の解析ではGroup Bの単系統を支持しなかった。MPおよび近隣結合法(NJ)ではGroup B-5は今回の研究で用いたすべてのクロハツ節の個体と姉妹群を形成し、Group B-1はGroup Cと同群に属した。これらのことから、クロハツモドキとコゲイロハツを含むGroup Aとクロハツを含むgroup Cはともに単系統であると推測されたが、ニセクロハツ(group B)は単系統ではないと考えられた。コゲイロハツを除くとクロハツモドキの特徴を示す仲間は6小群に別れた。
索引語Group;解析;ITS領域;クロハツ節;group;単系統;リボソームDNA;塩基配列;LSU;rDNA
引用文献数31
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat