土のキャピラリーバリアを利用したかんがい水の効率的な利用と土壌塩分化の抑制

土のキャピラリーバリアを利用したかんがい水の効率的な利用と土壌塩分化の抑制

レコードナンバー873496論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名星野 麻衣子
傳田 彩
中野 友里加
森井 俊広
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ67巻・ 1号, p.65-76(2014-09)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (10023KB) 
抄録土壌塩分化を効果的に防ぐことができれば、かんがい農業の持続性が高まる。土壌中の根群域下部の比較的浅い深さに礫層を敷設すると、土壌と礫の保水性の違いにより、地下水からの毛管上昇(上向きの不飽和流れ)を遮断できる。地下水に塩分が含まれる場合、この毛管上昇と蒸発による塩分集積を予防できることになる。礫層とその上部に相対的に粗粒の土を配した土層構造をキャピラリーバリアと呼ぶ。両者の土の保水性の違いは、地表面から下向きに流入する浸潤水(下向きの不飽和流れ)を遮断する働きを持ち、その結果、礫層の直上部に浸潤水が貯留されることになる。したがって、この礫層が比較的浅い位置に敷設されると、植物は効率よくこの貯留された土中水を生育に利用できるようになる。節水かんがいが可能となる。本研究では、このような土のCBによる地下水からの毛管上昇の遮断ならびに地表面からの浸潤水の貯留効果を、圃場での植栽実験を通して明らかにした。
索引語土;浸潤水;キャピラリーバリア;利用;礫層;飽和流れ;地下水;毛管上昇;遮断;土壌塩分化
引用文献数8
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat