食肉検査で食用不適とされた牛におけるアミロイド症の発生状況

食肉検査で食用不適とされた牛におけるアミロイド症の発生状況

レコードナンバー873504論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名鈴木 竹彦
斉藤 幸子
山澤 伸二
斉藤 啓吾
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ67巻・ 9号, p.691-696(2014-09)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (857KB) 
抄録食肉検査で食用不適と判断した牛431頭より無作為に抽出した19例の心臓・肺・肝臓・腎臓・脾臓及び舌を病理組織学的及び免疫組織化学的に検索した。これらの19例中10例(52.6%)で,いずれかの臓器にAAアミロイドの沈着を認めた。全部廃棄理由では,「高度の水腫」で5例中4例(80.0%)に,「敗血症」で13例中6例(46.1%)に沈着が認められ,「膿毒症」1例では沈着を認めなかった。沈着例は37~130カ月齢のホルスタイン種雌であった。また,肝臓及び腎臓に沈着を認める例が多く,舌に沈着を認める例もあった。沈着臓器の肉眼的変化について,高度沈着のあった腎臓2例で腫大や黄色化を認めたが,他の症例では著変を認めなかった。本調査よりと畜場搬入牛におけるアミロイド症の発生状況等についてさらに調査が必要であると考えられた。
索引語沈着;例;食肉検査;アミロイド症;発生状況;腎臓;肝臓;舌;いずれか;高度
引用文献数11
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat