ケヤキ高齢・希少木の秋に水挿した不定枝からの萌芽枝を外植体とした繰り返し培養によるクローン増殖

ケヤキ高齢・希少木の秋に水挿した不定枝からの萌芽枝を外植体とした繰り返し培養によるクローン増殖

レコードナンバー873508論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名原口 雅人
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ96巻・ 3号, p.146-149(2014-06)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (2901KB) 
抄録「広瀬神社の大ケヤキ」は樹齢1,000年といわれており,腋芽培養によるクローン増殖が困難とされている。このため,秋期に得た外植体を同じ苗条伸長培地で繰り返し培養する新たな腋芽培養法を検討した。10月下旬に幹に発生した直径およそ2cmの不定枝を採取した。この不定枝を水挿しし発生した新梢の節小片を3.4mg/L硝酸銀および3μM BAPを含む苗条伸長用のZ培地で培養した。3cm以上に伸長した苗条を0.1μM IBAおよび3μM IAAを含む発根用のR培地で培養し,残った外植体を元の試験管に植え戻した。この工程を最大5回繰り返して得られた187本の苗条の発根率は63%だが,基部が肥大した時点で明所に移した場合は84%であった。また,順化・育苗の成功率は76%であった。大量増殖を必要としない天然記念物や銘木個体の保存において,本法は継代培地が不要で効率的なクローン増殖法と考えられた。
索引語不定枝;外植体;培養;ケヤキ高齢;希少木;秋;水;萌芽枝;クローン増殖;繰り返し培養
引用文献数6
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat