西部瀬戸内海に生息するタチウオTrichiurus japonicusの食性および炭素源の空間的変化

西部瀬戸内海に生息するタチウオTrichiurus japonicusの食性および炭素源の空間的変化

レコードナンバー873582論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名浜岡 秀樹
宮崎 寛史
南口 哲也
赤松 大雅
柴田 淳也
大森 浩二
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 3号, p.243-251(2014-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (845KB) 
抄録瀬戸内海西部に生息するタチウオTrichiurus japonicusの餌資源特性を明らかにするため環境特性の異なる4海域から試料を集め,安定同位体比分析と胃内容分析によってT. japonicusの食性を海域間で比較した。その結果,T. japonicusの食性は海域間で異なっていたが,これは胃内容物の時空間的なばらつきによる影響と考えられた。また,安定同位体比に基づく栄養段階と胃内容から推測される栄養ニッチは一致していなかった。そのため,胃内容物による魚類の食性解析にはより多くの採集努力が必要と考えられた。一方で、胃内容分析では検出できなかった海域間での栄養炭素経路の違いを安定同位体比分析では検出することができた。この結果は西部瀬戸内海における基礎生産構造に関する先行研究と一致しており,安定同位体比分析はより少ない採集努力で魚類の食性を効率的に理解することができる手法であると考えられた。
索引語食性;タチウオTrichiurus;japonicus;T. japonicus;安定同位体比分析;海域間;西部瀬戸内海;生息;胃内容分析;胃内容物
引用文献数28
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat