北海道産亜麻の搾油適性評価および搾油残渣の有効活用

北海道産亜麻の搾油適性評価および搾油残渣の有効活用

レコードナンバー873634論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013075NACSIS書誌IDAN10450849
著者名中野 敦博
清水 英樹
内藤 大輔
橋本 眞一
書誌名北海道立食品加工研究センター研究報告 = Bulletin of Hokkaido Food Processing Research Center
発行元北海道立食品加工研究センター
巻号,ページ8号, p.55-57(2009-03)ISSN13403001
全文表示PDFファイル (1720KB) 
抄録亜麻仁油の搾油適性を分析評価したところ,搾油率と水分との間に負の相関があり,品種別のα-リノレン酸の組成比は,ACEmersonの方がNolinよりも高かった。低搾油率の亜麻種子は,乾燥処理または水洗・乾燥処理を行うことにより,搾油率を向上できた。亜麻仁油製造時に排出される搾油残渣を養鶏飼料に添加して給餌試験を行ったところ,搾油残渣の添加割合が高いほど,鶏卵中のn-3系脂肪酸が増加するとともに,n-6/n-3系脂肪酸比は減少した。
索引語搾油残渣;搾油率;乾燥処理;負の相関;北海道産亜麻;搾油適性評価;有効活用;亜麻仁油;添加;3系脂肪酸
引用文献数6
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat