フィブロイン膜の不溶化に係る諸要因の解明

フィブロイン膜の不溶化に係る諸要因の解明

レコードナンバー873663論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名堤 一代
小川 あかね
福田 翼
森田 洋
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ11巻・ 2号, p.105-112(2010-06)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (2449KB) 
抄録これまでフィブロインの膜化には様々な検討がなされてきた。本研究では,フィブロイン膜の不溶化要因の検討を行った。グリセリン添加量において,0.05 v/v%以下の添加ではフィブロイン膜は溶出し,0.10 v/v%以上の添加ではフィブロイン膜は溶出しなかった。乾燥条件の検討では,温度30℃以上,湿度70%RHで不溶化することが確認された。pHによる影響では,pH 11以下で不溶化した。フィブロイン濃度の影響では,2-10 mg/mLで不溶化を示した。膜化のためのフィブロイン濃度の検討を行った結果,2.0 mg/mL以上であることが確認された。
索引語不溶化;フィブロイン膜;検討;添加;膜化;溶出;確認;影響;フィブロイン濃度;これまでフィブロイン
引用文献数40
登録日2014年11月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat