平成26年豪雪により被災した温室の実態調査

平成26年豪雪により被災した温室の実態調査

レコードナンバー873741論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名森山 英樹
奥島 里美
石井 雅久
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ142号, p.22-34(2014-09)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (18400KB) 
抄録2014年2月の大雪によって,関東甲信地方を中心に農業施設に甚大な被害が生じた。群馬県,長野県,山梨県および栃木県の地中押し込み式パイプハウス,鉄骨補強パイプハウス,アングルハウス,鉄骨ハウス,ガラス室および果樹用ハウスを現地調査し,破壊モードおよび被災要因を分類した。単棟温室ではばたつき防止用ネット等が屋根上積雪の滑落を阻害した。連棟型温室では谷に集中した積雪荷重に対する融雪不足が骨組構造の破壊を生じ,谷樋からの越流水が基礎の沈下をもたらした。強風や隣棟間の古い残雪が荷重条件に影響を及ぼした。筋交の不足による柱の転倒が多数あった。その場合,柱梁接合部および柱基礎接合部の破壊が生じた。柱梁接合部には回転を充分に抑制できない仕様のものも多く,柱基礎接合部に力が集中した。現状の問題点に対して,筋交着脱金具の開発,コンクリートを使用した柱基礎接合部の改良,谷樋周辺の被覆材展張方法の改善等の降雪対策を提案した。
索引語柱基礎接合部;破壊;集中;柱梁接合部;連棟型温室;越流水;被災;温室;実態調査;柱
引用文献数14
登録日2015年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat