採卵鶏の換羽ストレスが血液性状に及ぼす影響

採卵鶏の換羽ストレスが血液性状に及ぼす影響

レコードナンバー873801論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20025129NACSIS書誌IDAA12180299
著者名富久 章子
藤本 武
宮崎 喜美
澤 則之
石山 大
渡辺 元
廣田 好和
書誌名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所研究報告 = Bulletin of Tokushima prefectural Agriculture, forestry and fisheries technology support center livestock research institute
別誌名徳島県畜産研究所研究報告
Bull. Tokushima. Pref. Lives. Res. Ins.
徳島畜研報
発行元徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究所
巻号,ページ7号, p.51-59(2008-02)ISSN18812619
全文表示PDFファイル (1817KB) 
抄録採卵鶏の換羽ストレスが血液性状に及ぼす影響を調査するため,絶食による換羽処理及び換羽用飼料給与による換羽処理を実施し,生産性に及ぼす影響も併せて調査した。産卵率は換羽用飼料給与では最低35.7%まで低下し,絶食のように0%になることはなかったが,換羽処理後はどちらの換羽処理方法でも対照区よりも多く推移した。平均卵重は換羽処理後には,対照 < 換羽用飼料給与 < 絶食の順に重かった。卵質は卵殻厚及び卵殻強度で換羽処理による改善が見られた。末梢血単核球の一酸化窒素(NO)産生能,及び血清コルチコステロン濃度を測定した結果,個体間の差が大きく,換羽ストレスの影響はみられなかった。血清α1酸性糖蛋白(α1AG)は,どちらの換羽処理でも換羽処理中は高値にあり,換羽処理後は対照区と同等まで低下した。酸化ストレス度は,何れの換羽処理方法でも換羽処理中と比較して試験終了時には増加傾向にあったが,バラツキも大きくなった。また,抗酸化力は,絶食による換羽処理で有意に低下し,免疫活動の低下が推察された。換羽ストレス時の各血液成分の変動状況調査により,今後各種ストレス因子の影響を検討する上で基礎となる結果を得た。
索引語換羽処理;換羽ストレス;影響;換羽用飼料給与;血液性状;絶食;低下;調査;換羽処理方法;&lt
引用文献数10
登録日2015年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat