茨城県におけるナシ黒星病菌子のう胞子の飛散消長と重要防除時期

茨城県におけるナシ黒星病菌子のう胞子の飛散消長と重要防除時期

レコードナンバー873873論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20527291NACSIS書誌IDAA12693180
著者名草野 尚雄
小河原 孝司
小西 博郷
鹿島 哲郎
書誌名茨城県農業総合センター園芸研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Horticultural Institute, Ibaraki Agricultural Center
発行元茨城県農業総合センター園芸研究所
巻号,ページ21号, p.15-20(2014-09)ISSN21890625
全文表示PDFファイル (4437KB) 
抄録ナシ黒星病菌子のう胞子飛散消長およびその重要防除時期について検討した。1. ナシ黒星病菌子のう胞子の飛散は3月下旬~4月中旬に始まり,飛散最盛期は4月下旬で,5月上旬~中旬以降はおおむね終息したが,5月末まで降雨後に飛散が確認された。2. ナシ‘幸水’果実での発病は,4月下旬から5月上旬にかけて急速に進展した。3. 子のう胞子飛散に基づくナシ‘幸水’での重要防除時期は,開花期前後の4月上旬~下旬と考えられた。
索引語幸水;ナシ黒星病菌子のう胞子;飛散;ナシ;子のう胞子飛散;開花期前後;茨城県;飛散消長;ナシ黒星病菌子のう胞子飛散消長;検討
引用文献数8
登録日2015年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat