過密人工林分における地上部バイオマス推定に関する誤差要因の検証

過密人工林分における地上部バイオマス推定に関する誤差要因の検証

レコードナンバー873889論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012139NACSIS書誌IDAN10385361
論文副題40年生ヒノキ人工林における伐倒調査による事例研究
著者名光田 靖
井上 昭夫
北原 文章
門田 春夫
弘田 孝行
書誌名森林計画学会誌 = Japanese journal of forest planning
発行元森林計画学会
巻号,ページ46巻・ 1号, p.15-24(2012-08)ISSN09172017
全文表示PDFファイル (1641KB) 
抄録40年生時点で本数密度が2,800本という過密なヒノキ人工林分において伐倒調査によって地上部バイオマスの測定を行い,京都議定書に定められた方式による推定値との比較を行った。その結果,5本のサンプル木のうち4本の推定値が過小であった。推定誤差に偏りが生じた原因に関して,樹幹形状,材積式の適合性,比重およびバイオマス拡大係数について検証したところ,樹幹形状に過密林分特有の特徴はある程度みられたものの,材積式による推定はおおむね偏りなく正確な推定となっていた。一方で,比重およびバイオマス拡大係数は京都議定書報告に用いる値よりも高い値をとる傾向にあった。今回の結果は1つの林分から採取されたわずか5本のサンプル木によるものであり,直ちに一般化することはできない。さらなるデータ蓄積に元づく研究の必要性が示された。
索引語伐倒調査;材積式;検証;推定;事例研究;値;サンプル木;推定値;偏り;樹幹形状
引用文献数27
登録日2015年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat