ムキタケSarcomyxa edulis comb. nov. とオソムキタケ(新称)S. serotinaの生物学的特徴と分子系統解析

ムキタケSarcomyxa edulis comb. nov. とオソムキタケ(新称)S. serotinaの生物学的特徴と分子系統解析

レコードナンバー874001論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017925NACSIS書誌IDAN00187816
著者名斎藤 輝明
殿内 暁夫
原田 幸雄
書誌名日本菌学会会報 = Transactions of the Mycological Society of Japan
別誌名日本菌学会会報
日本菌学会会報
Japanese journal of mycology
Nippon Kingakukai kaiho
日菌報
Trans. Mycol. Soc. Japan
発行元日本菌学会
巻号,ページ55巻・ 2号, p.19-28(2014-11)ISSN00290289
全文表示PDFファイル (10090KB) 
抄録2011~2013年,青森県でムキタケの名で呼ばれているきのこの採集を行い,それらの生物学的特徴の解明と分子系統解析を行った。供試標本は子実体の傘表面の色に基づき黄色型と緑色型に類別された。両者は形態的に類似していたが,傘表面の色調のほか柄の表面構造,傘やひだ組織の顕微鏡的構造,担子胞子の大きさなどにおいて差異が見られた。D1/D2領域の配列に基づく分子系統解析では,両者は系統的に近縁であるが,互いに独立したクレードを形成し,共にPanellus属の基準種であるPanellus stipticusとの関連性は極めて低かった。また両者の単核菌糸体はいかなる組み合わせにおいても不和合を示した。以上の結果から,黄色型をSarcomyxa edulis (Y. C. Dai, Niemelae and G. F. Qin) T. Saito, A. Tonouchi and Y. Harada, comb. nov.,和名ムキタケとし,緑色型をS. serotina,和名オソムキタケ(新称)として区別すべきことを提案する。
索引語新称;分子系統解析;両者;comb;生物学的特徴;serotina;傘表面;緑色型;ムキタケ;供試標本
引用文献数30
登録日2015年02月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat