α-D-グルコース1-リン酸アナログ基質を用いたグルカンホスホリラーゼによる酵素的グリコシル化反応

α-D-グルコース1-リン酸アナログ基質を用いたグルカンホスホリラーゼによる酵素的グリコシル化反応

レコードナンバー874100論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039427NACSIS書誌IDAA12509099
著者名門川 淳一
書誌名応用糖質科学
別誌名日本応用糖質科学会誌応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ4巻・ 2号, p.160-166(2014-05)ISSN21856427
全文表示PDFファイル (491KB) 
抄録酵素的グリコシル化反応は構造明確な糖鎖を得る有力な手法であり,近年の発展は目覚ましい。例えば,グルカンホスホリラーゼはα-D-グルコース1-リン酸(Glc-1-P)を糖供与体,マルトオリゴ糖を糖受容体とするグルコシル化反応を触媒し,選択的にα-(1→4)-グルコシド結合が形成される。この酵素がある程度の基質認識の緩さを有していることを利用して,Glc-1-Pのアナログ基質を糖供与体に用いる酵素的グリコシル化反応が開拓されてきた。馬鈴薯グルカンホスホリラーゼがα-D-マンノース,2-デオキシ-α-D-グルコース,α-D-キシロースおよび(N-ホルミル-)α-D-グルコサミン1-リン酸を糖供与体として認識することで,それぞれ対応するグリコシル化反応が進行することが報告された。また,耐熱性グルカンホスホリラーゼが他のアナログ基質を認識することも見出され,例えばα-D-グルクロン酸1-リン酸を用いたグルクロニル化反応が起こることも報告された。さらに,耐熱性グルカンホスホリラーゼの糖受容体に対する認識性の緩さにより,α-D-マンノース1-リン酸を用いた連続的なマンノシル化反応が進行することも見出された。
索引語グルカンホスホリラーゼ;リン酸;酵素的グリコシル化反応;認識;耐熱性グルカンホスホリラーゼ;糖供与体;Glc;糖受容体;緩さ;アナログ基質
引用文献数37
登録日2015年02月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat