籾米配合飼料とコーングルテンミール添加が産卵成績に及ぼす影響

籾米配合飼料とコーングルテンミール添加が産卵成績に及ぼす影響

レコードナンバー890017論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021130NACSIS書誌IDAN00334182
著者名佐藤 真理子
佐藤 智之
石川 敬之
笹木 教隆
書誌名福井県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukui Experiment Station of Domestic Animal Industry
発行元[出版者不明]
巻号,ページ27号, p.25-30(2014-11)ISSN03893537
全文表示PDFファイル (726KB) 
抄録市販成鶏用配合飼料への飼料用米配合が鶏卵生産へ及ぼす影響と、コーングルテンミール(CG)添加により飼料用米配合時に不足する栄養補正を行う効果について検討した。試験には24~64週齢のジュリアライトを供試し、市販成鶏用配合飼料を給与した群を対照区とし、籾米5%、10%、20%区、CG+籾米5%、10%、20%区、CG+玄米5%、10%区を試験区とした。その結果、産卵率は籾米20%区は対照区に比べ低くなったものの(P<0.05)、CG+籾米20%区では差はみられなかった。飼料要求率は、籾米20%区が対照区およびCG+籾米10%区に比べ高かった(P<0.05)。CG+玄米10%では卵重が減少した(P<0.05)。卵殻厚はCG+籾米20%区が籾米5%区に比べ薄くなった(P<0.05)。卵黄色は籾米20%区で淡くなったものの(P<0.05)、CG+籾米20%区では対照区と同等の色であった。経済性において最も優れていたのはCG+籾米10%区であった。以上より籾米の添加率が10%以内であればCGを添加しなくても生産性は維持できるが、CGの添加により利益向上が期待できる。籾米を20%配合する場合は卵黄色の淡明化、産卵率低下を改善するためにCGの添加が有効であると思われた。
索引語P&lt;添加;市販成鶏用配合飼料;卵黄色;CG;籾米;影響;米;飼料用米配合;鶏卵生産
引用文献数9
登録日2015年03月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat