イネの粒形制御に関わる遺伝子の単離とその作用

イネの粒形制御に関わる遺伝子の単離とその作用

レコードナンバー890076論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名石丸 健
氏家 和広
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ83巻・ 4号, p.299-304(2014-10)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (1555KB) 
抄録粒形はイネの収量を決定する主要な要因である。既に6個の粒形に関与する量的形質遺伝子座の原因遺伝子が単離され,粒形を抑える機構の存在や自然変異を決定する形態的要因等の粒形制御に関する新たな知見が得られつつある。本総説では粒形制御遺伝子の単離により得られた新たな知見に加え,今後の研究の方向性について論じる。
索引語単離;粒形;粒形制御;イネ;決定;知見;遺伝子;作用;要因;収量
引用文献数44
登録日2015年03月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat