無機ヒ素を除去した乾燥ヒジキ加工品の製造法

無機ヒ素を除去した乾燥ヒジキ加工品の製造法

レコードナンバー890115論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名山下 由美子
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ80巻・ 6号, p.973-978(2014-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (423KB) 
抄録無機ヒ素含量を低減した乾燥ヒジキ加工品を製造した。素干しまたは生の原藻を塩水による煮熟を3回から4回繰り返したのち,乾燥した。その結果,原料に対し総ヒ素の83-92%が除去された。乾燥ヒジキ試作品1-3の総ヒ素含量は8.6-18.6mg/kg,ヒ酸含量は0.6-0.9mg As/kgであった。水戻し後のヒジキの総ヒ素含量は2.0-2.7mg/kgであり,ヒ酸含量は検出下限の0.3mg As/kg未満だった。
索引語除去;乾燥ヒジキ加工品;総ヒ素含量;ヒ酸含量;素干し;煮熟;無機ヒ素;製造法;乾燥;総ヒ素
引用文献数10
登録日2015年03月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat