マキバカスミカメにより多発したアズキの落莢被害について

マキバカスミカメにより多発したアズキの落莢被害について

レコードナンバー890182論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名小野寺 鶴将
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ65号, p.151-153(2014-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (576KB) 
抄録北海道立総合研究機構中央農業試験場の試験ほ場において,マキバカスミカメの吸汁加害によると考えられるアズキ莢の脱落を定量評価した。本種の加害により,莢は花序に従って連続的に着生せず,成熟が遅れ,収量は半分以下に低下した。
索引語落莢被害;マキバカスミカメ;北海道立総合研究機構中央農業試験場;試験ほ場;吸汁加害;アズキ莢;定量評価;多発;アズキ;加害
引用文献数6
登録日2015年03月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat