熱応答試験実施時間の短縮がみかけ熱伝導率推定に与える影響

熱応答試験実施時間の短縮がみかけ熱伝導率推定に与える影響

レコードナンバー890241論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
論文副題数値的研究
著者名斎藤 広隆
斎藤 健志
向後 雄二
濱本 昌一郎
Moldrup P.
小松 登志子
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ128号, p.11-20(2014-12)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (6330KB) 
抄録地盤熱応答試験(TRT)で,ケルビンの線源関数の近似解からみかけ熱伝導率λeを推定する場合,48時間以上の試験時間が推奨されている。近年線源関数の漸近解を用いて試験初期のデータを用いた解析が提案され,試験時間の大幅な短縮の可能性が示された。本研究では数値解析を用いて,解析に用いるデータ区間がλeの推定に与える影響明らかにし,試験時間短縮の可能性について検討した。三次元の熱伝導方程式に一次元の移流熱移動方程式を組み合わせ,熱媒体からU字管本体への熱移動については吸込み・湧出し項の中で扱った。異なる条件下で熱媒体温度を求め,線源関数の近似解と漸近解を用い,みかけ熱伝導率を推定した。漸近解を用いることで,グラウトの熱特性が地盤と大きく異なる場合でも,誤差5%以内で試験時間を20時間以内に短縮できた。また,現場TRTデータの解析により,上記結果の正当性が評価できた。
索引語試験時間;短縮;解析;推定;漸近解;熱応答試験実施時間;線源関数;可能性;ケルビン;用いて試験初期
引用文献数24
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat