タイ王国の水田におけるCH4フラックスの緩和渦集積(REA)法による測定

タイ王国の水田におけるCH4フラックスの緩和渦集積(REA)法による測定

レコードナンバー890242論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名小宮 秀治郎
登尾 浩助
庄子 侑希
矢崎 友嗣
Toojinda T.
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ128号, p.23-31(2014-12)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (2267KB) 
抄録水田は,温室効果ガスであるCH4(メタン)に対する主要な人為的発生源のひとつである。近年,広域な測定範囲からのCH4フラックスを測定するために微気象学的手法が開発されている。本研究では,微気象学的手法の一つである緩和渦集積(REA)法を用いて,タイ王国の水田において出穂開花期のCH4フラックスを測定した。また,チャンバーをイネのない場所に設置して,田面水からのCH4フラックスを測定した。REA法とチャンバー法で測定したCH4フラックスの観測値(1.9mg m-2 h-1から43.6mg m-2 h-1)は既往研究で報告された値と同程度であった。水稲群落と大気間のCH4交換量は日中に大きい傾向があり,水平風速と土壌温度に依存した日周変動を観測した。田面水からのCH4フラックスも同様に,土壌温度上昇に伴って大きくなった。REA法によって観測されたCH4フラックスは測定期間を通じてチャンバー法による値に比べて大きい傾向にあった。これはチャンバー法によるイネのない場所からのCH4フラックスは田面水経由であるのに対し,REA法による水田全体からのCH4フラックスはイネ通気組織経由と田面水経由の両方であるためと考えられた。
索引語CH4フラックス;田面水;値;測定;REA法;チャンバー法;水田;フラックス;イネ;観測
引用文献数49
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat