米飯の食味形成に関与する米胚乳酵素の活性量の品種および栽培地域による変動の解析

米飯の食味形成に関与する米胚乳酵素の活性量の品種および栽培地域による変動の解析

レコードナンバー890317論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名辻井 良政
高野 克己
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ62巻・ 1号, p.34-40(2015-01)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (574KB) 
抄録米胚乳酵素活性は,品種,貯蔵および生産地域等により活性量が変化すると考えられる。我々は,米胚乳酵素活性量の様相と米の品種などとの関係を検討した。酵素活性の測定は,αおよびβ-amylase,α-glucosidase,β-glucanase,β-galactosidase,α-mannosidase,β-xylanase活性量を敏速に測定できる合成基質を用いて,高感度に定量した。得られた活性量を変数としてケモメトリックス解析を行った。その結果,米胚乳酵素活性はコシヒカリ近縁種間で差異があった。αおよびβ-amylase,β-galactosidase活性量の差異に明確な傾向があった。これらの米胚乳酵素活性を変数として,統計解析ソフトPirouette(informetorix社)を用いて主成分分析を行った。その結果,各品種ごとに分布し,酵素活性量の様相が異なっていることがわかった。はえぬきは,コシヒカリに近い位置に近接して分布していた。しかし,きらら397は,コシヒカリから最も離れた位置に分布していた。品種の特性を各糖質関連酵素活性量の様相で比較することができた。
索引語品種;活性量;amylase;米胚乳酵素活性;様相;分布;コシヒカリ;測定;変数;差異
引用文献数12
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat