東京湾での放流ハマグリの夏季死亡に関する消化腺の組織学的観察

東京湾での放流ハマグリの夏季死亡に関する消化腺の組織学的観察

レコードナンバー890368論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名鳥羽 光晴
小林 豊
高橋 康男
斎藤 良章
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ62巻・ 4号, p.353-360(2014-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (9748KB) 
抄録東京湾の千葉県沿岸の貝類漁場では,放流したハマグリが夏に死亡する現象が2008年以降繰り返し発生している。著者らは放流ハマグリの死亡原因を究明する一環として,2010年4~5月に三番瀬,盤洲,富津の各放流域に設定した合計5地点でハマグリ稚貝の現場飼育実験を実施し,定期的に採取した個体の消化腺について組織学的観察を行った。盤洲河口域の2地点を除いて,三番瀬,盤洲南部および富津の3海域3地点で6~8月にハマグリの死亡が発生し,生残率は1~44%となった。死亡の発生時に採取した個体を中心に,消化盲嚢の前細管導管の上皮細胞の壊死が認められた。死亡が発生した3地点において,死亡の発生時期と消化盲嚢の異常が多くの個体で認められた時期が重複すること,前細管導管の上皮細胞の崩壊が進んで導管の内部構造が失われるほど重篤な個体が見られたことから,消化盲嚢の異常がハマグリの死亡と関係していた可能性を指摘した。
索引語死亡;消化盲嚢;放流ハマグリ;個体;発生;細管導管;上皮細胞;ハマグリ;東京湾;消化腺
引用文献数19
登録日2015年03月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat